カテゴリー
未分類

人前式とはどのような挙式スタイル?式の流れは?費用は教会式や神前式と比較してどうなの?

人前式とはどのような挙式スタイル?基本情報を大公開

人前式とは、神前式やキリスト教式のスタイルの結婚式とは異なり、宗教にとらわれることなく、自由自在にアレンジできる挙式スタイルのことを言います。近年増えてきた挙式スタイルで、場所や衣装、演出も自分たちの好きなようにプランニングできます。

キリスト教式での結婚式では、神父さんが結婚の証人として誓いの言葉を交わし合うのが一般的です。一方の人前式では、家族や友人などの親しい人が結婚の証人となって、参列者の前で愛の言葉を交わし合うことになります。

愛の言葉や、指輪などの結婚証明書の交換も自分たちで考えて個性豊かなものに演出することもできます。人前式は宗教の形式や決まったしきたりにそわなくても良いため、堅苦しい雰囲気はありません。

リラックスしながら和やかに挙式を執り行えるところが魅力的です。オリジナリティの効いた自由な結婚式にしたい、無宗教なので宗教スタイルは苦手というカップルに最適な挙式スタイルといえるでしょう。

挙式会場は、上質な空間の披露宴会場やホテルのほかに、ガーデンや船上などのカジュアルでアットホームな雰囲気の会場で執り行われることもあります。また、水族館や遊園地などのテーマパークで開催するユニークで夢あふれる結婚式場を会場にするカップルもいます。

人前式を検討していますが式の流れはどのようになりますか?

人前式の流れは比較的シンプルで、ゲストにもわかりやすいです。一般的に、結婚するカップルは神仏に対して結婚の誓いを立てます。

人前式は、式に招待したゲスト全員が結婚の証人になるという結婚式です。宗教も格式も気にせず、自由に演出の流れと進行を計画できます。

人前式の所要時間は、30分程度が目安になります。最初に入場するのは結婚の証人となるゲストです。

次に新郎と新婦がゲストに見守られながら入場します。司会者が開式を宣言し、ゲストに向かって結婚の証人について確認します。

新郎と新婦が誓いの言葉を述べ、ゲストが静かに聞き取ります。誓いの言葉が終わると、結婚の誓約に指輪を交換します。

最初に新郎、次に新婦が相手の薬指に指輪をはめます。婚姻届か結婚証明書に新郎と新婦、ゲストの代表が署名捺印をします。

司会者が婚姻届か結婚証明書をゲストに見せて、結婚の宣言を行います。結婚宣言が終わると閉式を宣言し、結婚式に立ち会ったゲストに対して礼を述べます。

挙式後は、ライスシャワーやフラワーシャワーで新郎と新婦を祝福します。人前式の演出で最も人気が高いのがフラワーシャワーです。

フラワーシャワーは教会式でも人気の演出で、新郎新婦にとって忘れられない記念になります。

人前式の費用は教会式や神前式と比較するとどうなの?

人前式の費用は、教会式や神前式と比較すると割安に済むことが多いです。

ただし、人前式は自由度が高いスタイルなので、取り入れた演出などによっては教会式や神前式よりも費用がかさむこともあります。教会式の場合には、チャペルなど挙式会場の使用料に加えてオルガニストや聖歌隊、牧師といったスタッフの人件費がかかることも多いです。

また、フラワーシャワーやバルーンリリースといったアフタセレモニーの費用もかかります。人前式の場合には披露宴会場でセレモニーを行うことができるので、その場合には挙式会場の使用料は発生しません。

しかし、チャペルなどで人前式を行う場合には、教会式と同様に挙式会場の使用料がかかります。フラワーシャワーやライスシャワーといった演出を取り入れる人もいます。

神前式の場合には、神社や神殿などの挙式会場の費用が発生します。白無垢など和装で行いますが、洋装と比較すると衣裳は割高になることが多いです。

洋装でも有名デザイナーのウェディングドレスだったり、オーダーメイドだったりすると衣裳代は高くなります。人前式は自由に演出を決められるので、節約しようと思えば節約することも可能です。

アットホームでカジュアルな雰囲気にすることもできます。

カテゴリー
未分類

人前式の曲選び、どのように選んだら良いの?メリットやかかる時間についても語ります

人前式の曲選びの際、どのように選んだら良いのでしょうか?

人前式での曲選びは他のスタイルと違って決まりごとや宗教色がない分、自由度が高いです。自分たちの個性や好みを曲選びに反映させやすいと言えるでしょう。

まずは、洋装か和装かといった服装や会場の雰囲気に合わせることができます。ピアノやヴァイオリンで華やかに、和楽器を取り入れる、ハワイでの人前式ならウクレレを使った楽曲なども使えます。

しかし、披露宴とは違いセレモニーという意識で選ぶ事も必要です。また歌詞ありの曲の場合、インストゥルメンタルにするのかも重要です。

インストゥルメンタルにすることによって、その場に曲が馴染み、新郎新婦を引き立てるものになります。一方、原曲のまま流して歌詞のメッセージ込みでその場の演出をすることもできます。

感謝や幸せの気持ち、愛情や友情、人前式だからこそより伝える事ができるものです。曲を選ぶ際には、特に歌詞に細心の注意を払いましょう。

曲の雰囲気が良くても、歌詞の一部が良かったとしても、全体としては失恋など別れを連想させるものがあるからです。二人の好みだけでなく、じっくりと時間をかけて選んでいくことが必要です。

親族や友人に承認してもらう人前式だからこそ、二人らしく温かく見守ってもらえる曲選びをしたいものです。

今人気が上がっている人前式のメリットは果たしてあるのか?

近年人気を上げている結婚式が人前式です。

人前式とは神様に結婚の誓いを行う方法ではなく、列席者に向けて結婚の近いと報告を行うといった形です。宗教にとらわれず、列席してくれた方々に温かく包まれながら自分たちらしい誓いを行うことができます。

様々な面での自由度や簡素化などの現代において、この人前式はそれぞれのカップルらしさを存分に出せる方法として人気の高まりを見せています。この人前式のメリットは実はとても多いのが特徴です。

まずは衣装が自由です。自分たちの着たい衣装を身に着けて行えるのは、現代の若者にとてもマッチした考え方といえます。

そして場所も自由に選べることも特徴です。チャペルはもちろんですが、屋外のガーデンやプールサイドなど映えるスポットで行えます。

そのほかのメリットとしても、挙式秘湯が安く抑えられる、ゲストの方々に参加してもらえるような演出も行えます。このように人前式は、とても自由で自分たちの思い描いた挙式が実現できるのが何よりもメリットです。

一生に一度だからこそ、オリジナリティのある、自分たち以外のゲストたちにも思い出に強く残るような演出を行えるのは素晴らしい思い出になることから、今後益々人前式は注目されていくはずです。

人前式の流れとは?全体でどれくらいの時間がかかりますか?

人前式は、従来の神仏式から宗教要素を取り除いた形の挙式です。

慣習的な要素がないため、新郎新婦が自由に内容を決められるのが特徴です。ただ手を加えるのはアレンジ的な部分が多く、基本的な流れは大体決まっています。

それもそこまで段階が複雑になっているわけではなく、基本的には誓いの言葉と指輪の交換、そして誓約書や婚姻届けへのサインが中心となります。そこに司会役の人の進行的な言葉が組み合わさる形です。

そのため特に時間が変わるような部分はないので、全体で30分程度と考えて良いでしょう。その時間が変わりやすいのは、誓いの言葉にオリジナル要素を付け加えたり、見届けてもらう際にゲストの人に何かをお願いする場合です。

特にゲストの人が演出を考えてくれているのであれば、多少延びるでしょう。けれど人前式はあくまでも式なので、流れを大きく外してしまうのはあまり良くないかもしれません。

なのでもし披露宴も開くのであれば演出はそちらでしてもらって、式はスムーズに済ませた方が良いでしょう。また参加する人の中に従来の神仏式の挙式しか知らない人が多い場合は、人前式とは何かという説明部分に時間を割いた方が良いので、ほんの少しだけ延びます。

カテゴリー
未分類

晩婚化が進んできている原因とは?晩婚って一体いつから?幸せになるために努力しなければいけないことは?

男女ともに昔に比べて晩婚化が進んできている原因とは?

昔に比べると、男女問わず初婚の年齢が上がってきていると言われています。一定の年齢以上で結婚することは、晩婚と呼ばれることもあります。

晩婚になると、お互いの親の介護はもちろん子供のことなど問題が出てくるので注意が必要です。一方で、若くして結婚した場合に問題となる収入の問題で悩むことが少ないと言ったメリットもあります。

大切なのは、どんな相手と結婚するかということなので晩婚だから良い悪いということは実際にはありません。とはいえ、昔に比べて晩婚化が進んでいるというのも事実です。

いろいろ原因はありますが、男女ともにフルタイムで働いたり大学等へ進学するようになったことが考えられます。仕事が忙しく、毎日早朝から深夜まで働いていると出会いがなくなるというのも結婚が遅れる原因の一つです。

仕事が落ち着くまでと頑張っているうちに、歳を重ねてしまったという人たちはたくさんいます。男女ともに大学や専門学校に進学しているのも、晩婚化の原因になっています。

というのも、進学するだけ社会に出てくる年齢が上がってくるからです。また、せっかく勉強して知識や技術を身につけたのだから社会で長く働いてみたいという女性も増えてきました。

晩婚化は、現代社会だからこそともいえる現象です。

年齢的に遅い結婚、でも世間で言われる晩婚って一体いつから?

結婚をいつするかは人それぞれですし、何歳であろうとおめでたいことに変わりありません。

若くして結婚する際にはとりたてて言われることのないものですが、一方で遅めの結婚を指す晩婚は意外とよく使われます。どこか後ろめたい響きすら感じられる晩婚ですが、一体いつから晩婚の部類に入るのでしょう?20代での結婚が当たり前と考えられていたひと昔前ならば、30代は既に晩婚であったはすです。

しかしながら、女性の社会進出が当然とされる現代には当てはまらないでしょう。適齢期とされる年齢も人それぞれと考えられる現在ですし、何よりプライバシーに関わることであり、下手に言おうものならハラスメントになりかねません。

それでも言われる晩婚がいつからかと言えば、厳密に区切られたラインは存在しませんが、おおよそ40代以降という感覚と考えられます。けれども、例えばキャリアを積んだ40代前半はまだ若々しい印象がありますし、もちろん40歳を超えればすぐさま晩婚ということでもありません。

また、ビジネスが集中する都心と比較的婚姻年齢が若い地方都市では環境も異なります。地域的、あるいは社会的相違も影響するでしょう。

さらに、同じ40代でも出産する可能性のある女性と男性は違い、女性の方が晩婚とされやすい傾向にあります。

晩婚の人が幸せになるために努力しなければいけないことは何ですか?

晩婚の人は長い間、自分の趣味や仕事、家族のことに時間を使うことに幸せを感じたり、一人でいることが当たり前になっていたりする傾向があります。

最初のうちは晩婚であっても結婚したことがとても幸せで楽しい時間を過ごすことができるのですが、中には人と一緒に暮らすことに窮屈さを感じてしまったり、自分の時間や交友関係、お金などが自由にならないことに不満を持つようになったりすることもあるようです。晩婚の人は一人で過ごすことができ、金銭的にも精神的にも自立していることが多いので、自立した大人同士が一緒に過ごすことになるので、お互いに尊重し合うことが大切です。

束縛したい人も、束縛されたくない人もいると思いますし、一人で気ままに過ごしていた時間が長い分どちらにしても相手よりも自分の気持ちを中心にしてしまうことがある、ということを自覚しましょう。相手を大切にすることで、自分が幸せになるということは、長く一緒にいる間に学んだり、育ったりして行くことがあります。

晩婚の人は、お互いが自立した大人であるからこそ、一緒にいることに感謝できることもあります。自分の気持ちも、相手の気持ちも大切にするという基本的なことを大切にしながら、一緒にいる時間を楽しむ努力をすることで、お互いを尊重する気持ちが育っていきます。